スポンサードリンク
それぞれ車種別に分けてあります。左側のカテゴリからお入りください。

自動車の歴史

100年以上前に蒸気で動く蒸気自動車が存在しました。これは蒸気機関車のようなレール上を走るものではなく、動く方向がある程度変えられるものでした。その後、蒸気機関に多数の改良が加えられて、比較的小型ボイラーで高圧高温・の蒸気を使ったものが作られる。 1827年頃からイギリスでは定期バスとして都市部及び、都市間で広く用いられ、1860年ごろにはフランスでも用いられるようになる。1900年にはアメリカで、石炭の代わりに石油を使った蒸気自動車が作られ、さらに普及していった。アメリカでは、1920年代後半まで蒸気自動車が販売された。最終的になくたったとは言え、蒸気自動車無くして、現在のクルマはありえませんでした。 1865年にイギリスで赤旗法が施行され、当時普及しはじめた蒸気自動車は、道路を痛め、馬を驚かすと敵対視されており、住民の圧力によって蒸気自動車を規制する赤旗法が成立してしまう。この法律により、蒸気自動車は郊外では4マイル(6.4km)、市内では2マイル(3.2km)に速度を制限され、人や動物に警告する為に、赤い旗を持った歩行者が先導しなければならなくなった。 イギリスでの蒸気自動車の製造、開発は、この赤旗法が廃止される1896年まで停滞することになり、それに続くガソリン自動車の開発においても、ドイツやフランスが先行する事になり、1876年、ドイツのニコラウス・オットーがガソリンで動作する内燃機関(ガソリンエンジン)を発明すると、ゴットリープ・ダイムラーがこれを改良。二輪車や馬車に取り付け、走行試験を行った。1885年にダイムラーによる特許をだしている。 ドイツのカール・ベンツは、1885年ダイムラーとは別にエンジンを改良。車体から設計した3輪自動車をつくった。ベンツ夫人は夫の隙を狙いこの自動車を自力で運転し、製造者以外でも訓練さえすれば運転できる乗り物であることを証明させた。ベンツは最初の自動車販売店を作り、生産した自動車を数百台販売した。また、ダイムラーも自動車会社の経営に乗り出した。現在、ガソリン式自動車の発明者はダイムラーとベンツの両人とされることが多いのです。

車選びのポイント

車を選ぶ際に、どんなところをポイントにして選びますか? 例えば、メーカー・金額・大きさ・性能というようなポイントで選びますか? 勿論、車は非常に高い買い物です。買った後に後悔するようなことだけは避けたいです。 そこで今回は、買った後に後悔しないための車選びのポイントは・・・ 「本当に生活にあった車に乗ること。」 例えば、子供が出来たのに二人乗りのスポーツカーはなかなか乗ることが出来ないですよね。しかし、1〜2年に一度しか家族と車で出かけないのでしたら、スポーツカーでもいいでしょう。必要な時はレンタカーということもありです。 今回は、車選びのポイントとして、「ライフスタイル」をテーマにして車選びを考えていきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。